小原研究室

本研究室は情報通信ネットワークに関する研究を行っている。 情報通信ネットワークは,情報をデジタルで表現して相手に伝達するもので,携帯電話,インターネット,デジタルテレビ(地上および衛星)などが身近な例である。 これらのシステムを経済的に構築するためには,以下に示す多様な技術が必要となる。
・音響や画像などの情報をデジタルデータで表現する符号化技術
・光ファイバや無線などの高速伝送技術
・パケットと呼ばれるデータから宛先情報を読み取って,宛先へスイッチングする中継技術
・データを安全かつ円滑に流すセキュリティ技術,ネットワーク制御技術,プロトコル技術
・人と装置とのインタフェース技術,など。
本研究室はこれらの技術開発の一端を担うことを目標として,主に次のような研究を行っている。

 光ネットワークの設計

☆波長分割多重(WDM)を活用した大容量ネットワークの構成技術の研究など。
(下の図はOptiSystemを用いた光ネットワークのシミュレーション)

Fig.1

 通信プロトコルの設計

☆ネットワークを効率的に利用するためのデータ送信方法の研究など。
(下の図はVisual SLAMによるネットワークプロトコルのシミュレーション)

Fig.2

 スイッチ網の構成法

☆回路規模が小さく,制御が容易なスイッチ構成原理の研究など。
(下の図は小原研究室で提案したトーラス構造クロスバースイッチ)

Fig.3

 インターネットの性能モニタ

☆ インターネットの混雑具合をユーザ間で計測する技術の研究など。
(下の図はプローブパケットの時間分散を用いた空き容量推定の原理)

Fig.4